裏ワザ!格安でボンネットの修理費用交換する方法!修理費用の目安も解説!

ボンネットは、比較的小さな衝撃ですぐにダメになってしまう部品です。これは、人とぶつかったときの衝撃を受け止めるために、柔軟にたわむように設計されているからです。また、ボンネットはクルマの前面にあるため、傷がつくと目立ってしまいます。また、修理をせずに放置していると、サビが進行したり、中のエンジンやバッテリーに影響を与えたりするリスクもあります。ボンネットに大きな損傷を負ってしまった場合は、交換を行うことをおすすめします。
とはいえボンネットを交換するとなると、高額な費用がかかると思い、どうしたら良いか分からないという方に、今回は、ボンネットの交換にかかる費用や、出費を抑える方法について解説していきます。

ボンネット修理を安くする3つの方法

車のボンネットを安くする方法は、以下のようなものがあります。

 

1. 中古部品を利用する
ボンネットを交換する際に、新品の部品を使用すると高額になってしまいます。そこで、中古部品を利用することでコストを抑えることができます。中古部品を扱う業者やオークションサイトなどを利用し、自分の車に合ったボンネットを探してみましょう。

 

2. 自分で交換する
ボンネットの交換作業は、車に詳しくない人でもできる簡単な作業です。DIYの方法やYouTubeの動画などを参考に、自分で作業を行うことで、交換費用を抑えることができます。ただし、安全面には十分に注意し、作業前には車の取扱説明書をよく読んでから作業を行うようにしましょう。

 

3. フレーム修正を行う
事故などによってボンネットが変形してしまった場合は、フレーム修正を行うことで、交換する必要がなくなることがあります。フレーム修正は、専門の整備工場で行われることが多く、修正費用はボンネットの交換費用よりも安くなることがあります。

 

以上のような方法で、車のボンネットを安くすることができます。ただし、自分で交換作業を行う場合は、十分に安全に注意して作業を行うようにしましょう。また、整備工場などに相談することで、最適な方法を見つけることもできます。

ボンネットの交換の工賃自体は高額ではない

ボンネット交換をプロに依頼すると聞くと、「大きな費用が発生するのではないか」と不安を感じるはずです。
しかし実際のところ、自分で行うのとプロに依頼するのでは、値段にそこまで大きな差が出るわけではありません。
自分でボンネットの交換を実施した場合、払うお金は基本的にパーツ代のみとなります。
一方でプロに依頼した場合、作業を行ってもらう上での工賃が発生しますがそこまで高額ではありませんが、少しでも費用を抑えたいという方は注意が必要です。
また、依頼する場所が整備工場などではなくディーラーの場合は、さらに多くの費用が発生するケースもあります。
その理由は、ディーラーという業種の性質にあります。ディーラーはあくまでも自動車の販売を本業としており、修理や交換は行っていないケースも多くあります。
したがって自動車のパーツ交換を行っていないディーラーに依頼した場合、ディーラー側で下請けの工場に作業が委託されます。
ディーラーに委託してもらった場合、工場への仲介手数料がプラスで発生する可能性があります。
工賃や部品代以外の出費が増えるため、安く済ませたい方は十分にご注意ください。
また、依頼した場所がディーラーの場合は時間がかかるケースもあります。
先ほどの通り、ディーラーは自動車の修理・交換の依頼が来た場合、ほかの工場に仕事を委託しているケースがほとんどです。
その場ですぐに作業を始めず、委託を行うとなると、作業を始めるまでに時間がかかってしまいます。
こうした委託の時間も含めると、1週間以上かかってしまうケースもあります。
また業者に依頼した場合、業者の多忙度合いによってはなかなか作業に取り掛かってもらえないケースもあります。
業者が作業を始めるまでにかかる時間が長ければ長いほど、交換にかかる時間も長引くため、注意が必要です。
一方で自分で交換を実施する場合は、行いたいと思った時にすぐ始められます。
作業にかかる時間は、車の整備にどの程度慣れているかにもよります。慣れている方であれば、1時間程度で終わらせられるでしょう。

プロに頼めばまず失敗しないが工賃はかかる

プロは、素人よりも高い技術力を持っています。したがって、プロに交換を依頼すればほとんどの場合失敗することがありません。
しかしその代わりに、作業をしてもらうための工賃が余分に発生してしまいます。
プロにボンネットの交換を任せた際にかかる費用は、およそ3,000円~10,000円+パーツ代です。
数ある車の修理作業や交換作業に比べると、費用は抑えめとなっています。
ボンネットの交換を依頼できる主な業者としては、整備工場やディーラーなどが挙げられます。
前述の通り、ディーラーに依頼した場合は仲介手数料が余分にプラスされるケースもあるため注意しましょう。
どちらも長年車の整備を行ってきたプロが在籍しているため、素人が交換を行うよりも大きな安心感を持って任せられるでしょう。
ボンネットの交換は比較的行いやすい作業ですが、失敗する可能性もゼロではありません。
自分で行った結果失敗してしまうと、さらなる故障を引き起こしたり、それによって事故が起きたりするリスクもあります。
故障や修理が起きたことで修理費用が余計にかさんでしまっては、元も子もありません。
安全性を優先したいという方や、交換に自信がないという方は、プロに任せた方が無難だと言えるでしょう。
ボンネットを安く交換するためには重視すべきは部品代。ボンネットの交換を安く済ませたい方は、部品代を重要視するようにしましょう。部品が安く手に入れば、その分お得にボンネットを交換することができます。
ボンネットは、新品ではなく中古品を使用することをおすすめします。
もし新品のボンネットを使用するとなると、表面を塗る塗装代だけで35,000円~50,000円という費用が発生してしまうためです。
部品そのものの値段も高く、中古品の2倍近い値段がするケースも往々にしてあります。
中古品と聞くと、「品質に問題があるのでは」と不安になる方も多いでしょう。
しかしプロが仕上げた中古品は、クオリティがほとんど新品と変わりません。
それにも関わらず、新品の半額程度の値段で売られていることもあります。
さらに、自分の車と同じ色のボンネットを見つけることができれば、塗装の作業やそれによる費用が発生しません。
塗装代がかからず、よりお得に済ませることができます。
できる限り、同じ色で塗装された中古品を使用するようにしましょう。

一番安く抑える方法は『中古品を入手して自分で交換』

ボンネットの交換にかかる費用をできる限り安く抑えたいという方には、中古品を入手して自分で交換するという方法をおすすめします。
ボンネットを自分で交換する際は、まずボンネットを手に入れなければいけません。
近所の中古部品店やヤフオクなどのネットオークションで探してみましょう。
プロに依頼して新品のボンネットに交換する場合、部品代だけでなく、工賃や塗装代といったさまざまな費用が発生します。
しかし同じ色の中古品を使って自分で交換を行った場合、塗装代も工賃も発生しないため、大きく出費を抑えることができます。

ボンネットを自分で交換する方法

車のボンネットを自分で交換する場合、以下の手順を実行する必要があります

 

注意:車の修理作業は危険を伴うため、適切な専門知識と経験が必要です。以下の手順はあくまでも一般的な指示であり、特定の車種によって異なる場合があります。また、車両の保証に影響を与える場合があるため、修理前に車両メーカーに問い合わせることをお勧めします。修理作業を行う際には、必ず車両メーカーのマニュアルや適切な安全装置を使用し、作業を慎重に行ってください。

 

1. 古いボンネットを取り外す
・ボンネットの下部にあるヒンジピンを取り外す。
・ボンネットが固定されているボルトを取り外す。
・ボンネットを取り外す。

 

2. 新しいボンネットを取り付ける
・取り外したボルトを新しいボンネットに取り付ける。
・新しいボンネットをヒンジピンに取り付ける。
・ボンネットが正しく取り付けられていることを確認する。ボンネットが適切に閉まるか、ヒンジピンが正しく取り付けられているかを確認してください。

 

3. ボンネットの調整
・ボンネットが正しく閉まらない場合は、ボンネットの位置を調整する必要があります。
・ボンネットが正しく位置されるように、ヒンジピンを調整することができます。また、ボンネットの裏側にある調整ネジを使用して、ボンネットの高さを調整することもできます。

 

4. ボンネットの塗装
・新しいボンネットには、塗装が必要な場合があります。
・塗装作業は車両の外観に大きな影響を与えるため、専門的な技術が必要な場合があります。

 

以上が、車のボンネットを自分で交換するための一般的な手順です。ただし、車のメーカーやモデルによっては、取り外しや取り付けの方法が異なる場合があります。

損傷したボンネットを放っておくと内部まで損傷が及ぶことも

ボンネットの交換にはお金や手間がかかるため、実施を先延ばしにしてしまっている方もいるでしょう。
しかし、損傷したボンネットを放っておくことにはさまざまなリスクがあります。
ボンネットは、車を走行させる上で特に重要となる、バッテリーやエンジンといった数々の重要な装置を収納している場所です。
そしてボンネットは、こうした重要な装置を守るためのカバーとしての役割を持っています。
ボンネットに大きなヘコミができた場合、中にあるバッテリーやエンジンにも悪影響を及ぼしている可能性があります。
この状態で走行を続けると、事故のリスクが上昇してしまいます。
また、小さなダメージであっても油断は禁物です。?放置し続けることで、ダメージを受けた場所からだんだんとサビが進行していくケースもあるためです。
ボンネットに傷を負ってしまった場合は、さらなる故障や事故につながることを防ぐためにも、早めに対処することをおすすめします。

修理費用がかさむ状態になると手放す選択肢もあり

もし、ボンネットだけの修理で済むと思っていた場合でも、前述したようにバッテリーやエンジンが影響を受けている場合があります。その場合は、修理費用が高額になってしまいます。例えば、エンジンを載せ替えるとなると、最悪100万円以上かかってしまうことも。?もし、ボンネット以外の修理も必要になった場合は、修理するよりも車を手放して乗り換える方が経済的です。
では、どこで車を売れば良いでしょうか?
車を売却する際に真っ先に思いつくのがディーラーや中古車買取業者です。
ですが、故障度合いが激しい車は、ディーラーや中古車買取業者で販路の兼ね合いから値段がつかないことが多いです。
そんな時は故障車を高く買い取っている専門業者に売却するのがおすすめです。

 

分からないことはぜひ一度ジコまどにお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 交通事故 通院中 交通事故相談

    交通事故の治療中にまた事故に遭ってしまった場合は?

  2. 示談 交通事故 弁護士

    交通事故の示談が進まない原因は?

  3. 廃車を決める5つの理由!車の寿命を見分けるポイントも

  4. 飲酒運転 保険適用 交通事故 

    飲酒運転事故の保険の適応について

  5. 交通事故 慰謝料 自転車事故

    1年間に交通事故に遭う確率って?

  6. 車のドアの修理費用は?交換か修理かを判断する基準を徹底解説!